キャッシングを利用するとき・借り入れには身分証明書が必要

キャッシングとは、たとえばクレジットカードで、提携先のATM(現金自動預払機)・CD(現金自動貸出機)などでお金を借りることです。

http://cedyna.co.jp/use/cash/om/howto/index.html

大きなローンの場合とは異なり、キャッシングのケースでは無担保・保証人無しで融資を受けることが可能なことが大半なのです。金融機関からお金の借り入れをする前にあたってはそういうひととおりの知識をインプットし、できる限り有利で効率の良い借り入れをしたいですね。銀行やカード会社、消費者金融等での借入申し込み手続きの時では、身分証明書として免許等を求められます。

また運転免許を持っていないときには、例えば保険証やパスポートなどのような名前と住所の他に誕生日を確認が可能なものの提示が必須です。金融業者で今までキャッシングしたことが無かったケースは、通常、審査等で少し時間を要するため即日に借入れとはなりません。ただし、提携ATMからの借入れの時は、コンビニや駅など沢山の場所にあるATM・CDで申込めますので利便性が高いです。

多くの銀行や信販会社、消費者金融等ではキャッシングやカードローンを受ける時に収入がわかる書類の提出を求められているので、事前の源泉徴収票・所得証明書等を提出する必要があります。ただ、普通、借入れの金額が五十万円未満のような借り入れだと提出の必要がない場合が大多数です。

借金の訳についてはその人により多様です。あなたが初めてキャッシングを受けることにしたら、各自の事情に最も合った借入れの種類を探しましょう。融資までの時間等や手続きの煩雑さ等、それぞれの事情によりどのようなことを軸にするかについてまとめることで選択しやすくなるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です